キャッシング 審査通らない

キャッシング@審査分析所

どうせキャッシングの審査なんて通らないって諦めてない?

個人がお金を借りたいと思ったら真っ先に思い浮かぶのが、消費者金融や銀行カードローンに代表されるキャッシングサービスの利用だと思います。

 

今の時代はかなり優良な企業でもない限り、個人にお金を融資してくれる銀行なんてありませんからね。

 

ましてキャッシングのような無担保&保証人不要で借り入れできるサービスなんてどこにもありません。だからお金に困っている多くの人はキャッシングの審査に申し込むわけですが、残念ながら審査に通らない方も中にはいらっしゃいます。

 

ひょっとしたらあなたもその一人なのかもしれませんね。

 

でも何社も審査を受けて全て断られてるのならともかく、1社や2社くらいキャッシングの審査に落ちたからといって諦めるにはあまりにも早すぎます!

 

なぜなら、キャッシングの審査というものはまさに水物。その時その時によって審査基準も変わってきますし、審査を受ける金融業者によってもそれぞれ違っているんです。

 

だからどうして自分が審査に通らなかったのか考えたってムダ。

 

そんなことを考える暇があったら、少しでも貸付実績のある別の金融業者へ再度審査を受けてみた方が手っ取り早いです。

 

今の世の中には大体200〜300くらいのローン業者が存在しているらしいですが、実際にたくさんの人がお金を借りてる業者なんて、さほど多くはありません。だいたい有名どころが殆どです。

 

しかし今はインターネットの普及により、パソコンはもちろん、スマホや携帯電話からでも気軽に借り入れの申し込みができるようになったので、昔よりキャッシングに対する抵抗感が少なくなってきているのは事実です。

 

現に、大学生などでも借入できる「学生ローン」などは昔なんて全然なかったのに、今では学生がスマホからポチッと借入してしまう時代ですから、世の中恐ろしいもんです(^^;

 

でもいつの時代になっても、結局安心して借入できる業者というのは決まっています。
やはり「知名度」と運営企業がどれだけしっかりしているかが大きなポイント。

 

運営している会社が大きければ、それだけ広告費をバンバンかけられるので、必然的に我々に名前を覚えてもらえますからね。

 

だからテレビCMなどで知っているカードローン業者はどれも優良企業といえるでしょう。

 

あとはどのようにしてキャッシングの審査に合格できるのか、その辺のノウハウをこのサイトで紹介できたらと思っています。

 

>>諦める前にもう一度キャッシングの審査にチャレンジ!

意外なところで審査に落ちてるかも!?

本当なキャッシングの審査に受かるのに、実は単純なミスで損をしている方って結構多いんです。

 

アナタもひょっとしたらそのひとりかも!?

 

キャッシングを申し込む際は、住所など必要事項を入力しますが、案外ココが落とし穴だったりします。

 

ジツは「正確に必要事項を入力されていない」と審査以前の問題になり、結局、お金を借りれたのに借りれなかった。。なんてことが結構頻繁に起きているというじゃありませんか!

 

例えば・・・

 

  • メールアドレスの入力ミス(ここは面倒でもコピー⇒貼り付けがベスト)
  • 迷惑メールが設定されいるので届かない。。(設定されている方は審査に申し込む前に解除しておくこと)
  • 同時に複数のキャッシングサービスに申し込んでしまう(結局1社のみ合格)

 

などが挙げられます。

 

特に最後の「同時申し込み」は、例え1社が受かったとしても、もう一方のキャッシングサービスからは「審査に通らなかった」という事実が残ってしまうので、信用情報が無駄に傷ついてしまい、損です。

 

だからどうしても審査を通したい!という気持ちもわかりますが、ココは1社に絞って申し込みをした方がいいですね。

 

また必要事項の入力の際、どうしても自分をよく見せようとしてしまい、職業や年収などを実際よりも大きく書いてしまう方も多いようですが、これはハッキリいって意味がありません(キッパリ)

 

なぜかというと、いくら嘘の申告をしても、金融業者の方は既にあなたについての情報を把握しているからです。

 

あなたがキャッシングサービスに申し込んだら、まず業者側は、各信用情報機関のデータベースから、すぐあなたについての情報を手に入れます。

 

そこには名前や住所などの個人情報から、今までの借入状況などもすぐわかりますので、嘘の申告をしたって無駄なんです。

 

ちなみにこれはキャッシングだけでなく、クレジットカードを申し込む際にも同じように信用情報機関から情報を手に入れます。

 

だじゃら特に、嘘をついて借入希望金額を入力しても、それだけの金額を借りれるだけの信用度がないと無理なので「本当に必要な金額」だけを入力してください!

 

これだけのことに気を付けて入力していくだけで、キャッシングの審査に通る確率はグーンと上がります。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ