消費者金融 銀行カードローン 審査

キャッシング@審査分析所

消費者金融か銀行カードローンか、どちらの業者で申込をすれば借りれるのか?

キャッシングの審査に落ちた方は、やはり次に別の金融業者へ申し込む場合には戦略をもって臨みたいところです。

 

特に自分が次、消費者金融に申し込みをするか、銀行が展開しているカードローンに申し込みをするかで大きく変わってしまう可能性もあることをよく覚えておいてください。

天秤

 

そうなると消費者金融と銀行カードローンの違いというのをしっかりと認識しておかなければいけません。
どちらにもメリット、デメリットがありますのでその辺はちゃんと覚えておくようにしましょう。

 

 

まず消費者金融について

 

代表的な消費者金融

  • アコム
  • プロミス
  • モビット
  • アイフル

 

消費者金融は基本的に銀行カードローンより審査があまり厳しくないといわれています。
その他にも、大手ならテレビCMとかでよく見かけるので知名度が高く街にもATMが多いので利用しやすいというメリットがあります。

 

逆にデメリットといえば、消費者金融は「総量規制の対象」になってしまうということです。
総量規制とは簡単にいうと年収の3分の1以上の金額を借り入れすることができないという法律です。

 

これは複数の業者から借入している場合はその「合計金額」になりますので、まとまったお金が必要になった時などはちょっと不利になります。

 

ではもう一方の銀行カードローンについてみてみましょう。

 

代表的な銀行カードローン

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • オリックス銀行カードローン
  • 楽天銀行カードローン

 

銀行カードローンのメリットとしてはやはり「総量規制の対象外」になっているところです。

 

ですので、消費者金融では借りれない、年収の3分の1以上の金額も銀行カードローンなら借入可能になるわけです。
そういった理由から、主に銀行カードローンはおまとめローンや借り換えローン等に活用されるケースが多いです。

 

ただ、銀行カードローンは消費者金融より審査が厳しいと一般的には言われています。

 

結局今のアナタの状況によって、消費者金融か銀行カードローンかを選択するしかありません。

 

もし初めてお金を借りるような方であれば、消費者金融の方が一発で審査に通る可能性は高いですし、逆に、既に他社から借入しているような状況の方なら、銀行カードローンで借入したほうが、希望金額を借りれる可能性は高いといえます。

 

銀行カードローンの審査が厳しいといわれてるからといって申し込みをしないのはあまりにももったいないです。

 

当然業者間によって審査基準も違いますし、楽天銀行スーパーローンのような実店舗を持たないネット銀行系のカードローンなら審査に合格する可能性も高まるといわれています。

 

それぞれの状況にあった金融業者で審査に挑戦したいものです。

 

ホーム サイトマップ